手作り

  • 手作り,  食べ物

    柚子ジャムを作りました

    おはようございます。師走も半ばになりましたが、皆さまにおかれましては元気にお過ごしでしょうか。この時期はどこもバタバタしますね。のほほんやもがんばります! 先日実家から箱いっぱいの柚子が送られてきました✨ ダンボールを開けた瞬間から漂う爽やかな香り。柚子の香りを嗅ぐと「冬になったなぁ」としみじみします。 この量の柚子を料理に使うのは大変なので、届いてすぐにジャムに加工しました。 大体半分をジャムに、4割をお隣さんにおすそ分け、1割を料理やお風呂に消費します。 柚子の果汁を絞ってワタを取り除き、皮を千切りにします。皮を切っているときが一番香りがプンプン漂って、優雅な気持ちになれますよ。 今回はDELISH KITCHENさんの柚子ジャムレシピを利用しました! 実家にいるときは日常的に食べていた柚子ジャムですが、自分で作るのは初めて。3回も茹でるのですね。通りで嫌な苦さのない味になるのね。 グツグツのお湯で3回茹でて水切りし、お砂糖で煮込みます。 アクを取り除きながら、とろみが付くまで煮込んだら完成です。煮込んでいる間に瓶を煮沸。わたしはアヲハタ「まるごと果実」の空き瓶を愛用しています。 なんと!レシピより柚子と砂糖が若干多いくらいで作成したところ、「まるごと果実」の瓶2つにちょうどおさまりました。 透明感のあるきれいな仕上がり。柚子が多めだったので、レシピのお砂糖を等比で増量しました。甘みもちょうど良いです。きっちり2瓶に入ったため、煮沸密閉もうまくいきました。 トーストやプレーンヨーグルトに乗せて食べています。実家のような安心感。風邪予防にお湯で溶いて飲むのもいいですよ~。冬のお楽しみ柚子の味わいです。

  • 手作り,  食べ物

    きゅうりとなすの柴漬け

    おはようございます。昨日お知らせしたコールドプロセス石けんが、10個以上売れて感激しているおいもです。 夏にお隣からたくさんきゅうりをいただいているので、柴漬けを作ってみました。レシピは白ごはん.comのものを使いました。 まずはきゅうりとなすを切って、塩で下漬け。塩は最近使い始めた「南の極み」です。上に平皿をかぶせ500mlのペットポトルを3本乗せて、半日ほど浸けました。 梅干しを作ったときに出来た梅酢と 梅と一緒に干した赤しそを使って本漬けしていきます。 下漬けの工程により、きゅうりとなすの水分が半分くらいになっています。 3日後くらいから色がつきはじめ、1週間後に美味しくなりました。歯ごたえも塩気も美味しく、この記事を書いている現在、残りわずか。 梅酢を使い切れたのでちょうど良かったです。調味料から手作りしたという謎の達成感も味わえました。

  • 手作り,  食べ物

    ハックルベリーのジャム

    異様な暑さが落ち着き、活動的に暮らしているおいもです。道の駅で「ハックルベリー」という果実を見かけたので、初めて加工して食べてみました。 大きめのブルーベリーかブラックベリーのような見た目。ブルーベリーの隣に並んでいたのでちがうベリーだと判別出来ました。500gで500円と、ブルーベリーよりお安い。 生では食べられないそうで、一緒に入っていたレシピカードに沿ってジャムにしました。 それもそのはず、ハックルベリーはナス科です。加工中はじゃがいもの実やナスのような匂いが漂っていました。 アクを取るためにリードクッキングペーパーを乗せた図がこちら。ナスのような紫色です。ブルーベリーよりも色素が濃い感じがします。 マッシャーで潰してとろみが出てきたら瓶に詰めて完成。 500gのハックルベリーで、アヲハタ「まるごと果実」2.5瓶の量になりました。最後に煮沸消毒をして、冷やせば食べられます。 トーストに塗ってみたところ「ヨーロッパ土産でもらうジャム」の味。フランス土産とかIKEAとかに売っていそうな味のジャムです。 これは二次加工すると更に合うのでは?と思い、マフィンにしてみました。 クリームチーズと相性が良いと書いてあったので、マフィンの中央に砂糖で練ったクリームチーズを入れ込みました。見てください、この鮮やかな発色。ハックルベリージャムをマフィン生地にそのまま混ぜただけなんですが、濃い紫色になって綺麗でした。 焼き上がると優しい紫色に。 ハックルベリーとクリームチーズのマフィン、とても美味しいです。ハックルベリージャムをそのまま食べるよりも、美味しさが引き立つと感じます。ハックルベリージャムとクリームチーズのサンドイッチが定番メニューらしいのですが、それもそのはず。両者の相性が抜群です。 他には肉料理なんかにも合いそう。初めて見た食材なので、好奇心で色々と楽しめました。 ジャムとしてはブルーベリーなどの正統派ベリーのほうが美味しいと思ったんですが、二次加工して料理やクリームチーズと合わせると別物として完成します。むしろベリージャムよりも美味しくなる。 ナス科だし実際にナスのような食感だし、ナスに合う調理法に相性がいいのかもしれませんね。今後とも研究します。 余談ですが、ジャム作りに使った鍋を洗っていたら、水で薄めた際に青色になりました。石けんに入れたらこんな色になるのだろうか、と妄想が捗る綺麗な色。ハックルベリーの色素をなにかに使えたらなー。

  • スキンケア,  手作り

    スギナのチンキ

    おはようございます。庭の手入れや新しいお仕事を始めた関係などで、二週間ぶりの更新です。 少し前にスギナのチンキを作りました。 スギナは古くから薬草として用いられ、飲用にも外用にも使えます。乾燥させて煎じた「スギナ茶」なんかが有名ですね。 飲用すると 利尿作用 循環器系統の強化 血圧降下作用 代謝を促してむくみの解消 外用すると 消毒 消炎 かぶれやかゆみを鎮める などなど、健康に良い作用が数多くあると言われています。ケイ素やビタミンE、カリウムが特に豊富です。 庭に生えているスギナを水洗いし、一週間ほど乾燥させました。重し代わりにハイネケンの空き瓶を乗せたら、収穫したてのハイネケンみたいな面白い写真に。 パサパサに乾いたら2cm程度にハサミでチョキチョキ切り、浸ける瓶に入れます。 約20gの乾燥スギナをホワイトリカー150gに浸けました。あればウォッカのほうが望ましいです。浸けた直後はご覧のように透明。 毎日気が向いたときに瓶を振り、3週間ほど経過したものがこちらです。茶色と緑の間みたいな色になりました。 スギナを濾していきます。大きめにカットしているのであっという間。 きざみ昆布みたいですね。 濾す作業が終わったら、空の状態の同じ瓶を用意して計量します。同じ瓶を複数持っていると計量が簡単なのでおすすめです。これはカインズにて100円くらいで買える450mlサイズの瓶です。 スギナチンキが123g完成しました。 希釈しながら少しずつ使うため、遮光瓶へ移し替えています。茶色よりも遮光効果があると思い、コバルトブルーの瓶を初めて買ってみました。ビジュアル的にもおしゃれ。 精製水とグリセリンで薄めて化粧水にしたり、養命酒のように飲んだりしようと考えています。野生の草花を自分で加工したのが初めてで、とてもワクワクしています。

  • 手作り,  食べ物

    完熟梅の甘露煮と干しあんず

    こんにちは。午前中は庭の草抜きと芋の土寄せをしていたおいもです。わたしの忙しい時期がやってきました。バラ科の果実が続々と収穫されるシーズン。梅の類が大好きで、梅と杏を加工しているところです。 完熟梅の甘露煮 立派な梅が出ていたので、自宅で追熟させました。和歌山県産南高梅を1kg購入して、半分を青いまま梅シロップに、半分を黄色くしてから甘露煮に。 黄色くなり、芳香が強くなったら熟したサイン。梅の半量程度の砂糖を入れて煮込みます。 砂糖を梅全体にまぶしたのち、ホーロー鍋で加熱。弱火でコトコト煮込みます。 途中で電気コンロに変えて時々混ぜつつ、梅の水分がある程度飛んだら粗熱を取り、容器に移しましょう。冷蔵庫で冷やしたら食べられます。作った当日はそんなにおいしくありませんでした。翌日以降の方がシロップが染み込み味が良くなります。少し待つのがおすすめ。3日後くらいには、売り物みたいなおいしさになりますよ。 お仕事や家庭菜園をやった後に食べると大変癒されます。冷たい麦茶と梅の甘露煮は夏の味。 干しあんず あんずは長野県千曲市が名産地です。生のあんずを気軽に買えるのは、信州ならではかもしれません。近所の道の駅で売っていたので一袋入手しました。干して使うので一粒が大きいものをチョイス。ピンポン玉よりも大きい立派なあんずです。買った時点で綺麗に色づき、生でも食べられる状態でした。 あんずを半分に割って種を取り除きます。 あんず1kgに対して砂糖400g、水200mlの比率で、あんずをシロップ漬けにします。手持ちのホーロー鍋に入りきらない量だったため、先に砂糖水を加熱してあんずにかける工程を3回やりました。上記の工程3回目に関しては、シロップに漬けた状態のまま3時間くらい放置したのち、あんずとシロップを分けておきます。 ひとつずつ並べてオーブンへ。ここでセミドライにします。 オーブンから出した状態でも十分美味しいです。半生でフルーティーさも残っていました! ここから先は個人的な興味による工程です。干し網に並べてサンルームで3日ほど干してみました。 屋内だからなのか3日でもあまり状態が変わらず、お皿に並べてさらに1日天日干し。これは効果てきめんでした。晴れた日に一日縁側で干しただけで、しわしわになってべたべたした水分が大体飛びましたよ。 晴れた日に一日天日干し、というのが良さそう。とは言っても、あんずが旬の時期は梅雨ですからね。可能なら干すと本格的になる、という感じです。 出来上がったものがこちら。5日以上かかりましたが、サンルームに吊るした工程はあまり意味がなかったように感じます。オーブンでセミドライにする or 一日天日干しする、が良さそう。 干しあんずは刻んでサラダのトッピングにしたり、そのまま食べたり、はちみつと一緒にヨーグルトに乗せたりしています。もともと好きなのでこれはハマる。 干す前にシロップ漬けにするため、副産物としてあんずのシロップも完成します。分けておいた汁を鍋に入れ、量が半分ほどになるまで煮詰めました。 きれいな色のシロップが完成!500mlのペットボトルにぎりぎり入る量ができました。使い道がまだ決まっていない…。 大きなあんずを手に入れたので、干しあんずを作ってみました。ドライフルーツは大変手がかかるものですね。売っているものが高い理由を察した…。 ジャム作りに飽きたそこのあなた、干してみてはいかが?

  • 手作り,  食べ物

    ルバーブのジャム

    おはようございます。週末に信濃町へ行ったので、今が旬のルバーブを買ってきました。ルバーブはタデ科のお野菜で、茎の部分を食用に使います。葉の部分は毒素があるので食べられません。葉がついている場合は切り落としてから使いましょう。 道の駅しなので購入したルバーブ(赤)。1㎏くらいの束で550円でした。半分くらいの小さめの束もありましたよ。 今回初めて知ったのですが、ルバーブは赤と緑の2色あるようです。色がきれいなので赤に。 白いまな板に乗せると鮮やかさが分かりやすいです。アントシアニンを感じる紅色。 1~2㎝に切って砂糖をまぶし、ルバーブから汁が出てくるまでしばし待ちます。 砂糖はルバーブの重量に対して40%が基本です。まずは40%の砂糖で加熱して、煮込みながら味を見て砂糖を調整すると良さそう。 灰汁を取りつつ弱火で20分程度煮込めば完成です。灰汁は少なめ。見た感じは繊維が残っているように見えるのですが、味見をしてみるとあら不思議、やわらかなめらかです。 タデ科だから?フキのように繊維が残らず溶けてしまいます。 ルバーブ500g、砂糖200g、レモン汁大さじ1の分量で作成。赤色がきれいです。 アヲハタ「まるごと果実」の瓶2.4本くらい出来上がりました。 キイチゴを思わせるような甘酸っぱい味で、スイーツはもちろん料理のアクセントなんかにも良さそう。とても使いやすい味のジャムですよ。 信濃町はとうもろこしとルバーブの名産地です。お出かけの際はぜひ食べてみてください。

  • 手芸

    アクリル毛糸と古着の端切れで棒針入れを作る

    おはようございます。素晴らしい春の天気に心が浮き立つおいもです。ずいぶん前の話なのですが、編み物の針を入れるケースを自分で作りました。 ダイソーのアクリル毛糸「フレッシュグリーン」をひと玉全部メリヤス編みにした後、余っていたブラウンの毛糸でふちを細編みしました。初心者なので編み目が全然揃ってません!ぼろくなったらまた作るからいいもん…いいもん…。 棒針を入れるには裏地が必要になると思い、夫の古着から布を切り出しました。 一番上の濃いグレーと、写真では見えない薄いグレーの布でグラデーションにすることに。 ここから先は全て目分量なので、参考にならないかもしれませんが…。端切れの位置決めをしたら、裏地のポケットを先に縫います。 裁縫をほどんどしないので縫い目がガタガタですが、適宜棒針を挟みながらポケットを作っていきます。 偶然にもグレーが2色あってよかったです。配色バランスが好み。 裏地部分ができあがったら、本体にまつり縫いしていきます。あっだめ、ズームして見ないで。 完成した写真がこちら。左上のポケットにはとじ針や小物を、左下にはかぎ針と縄編針を、右側には棒針と輪張りを入れています。現在は写真を撮った時よりも針が増えているので、そろそろいっぱいになりそうな雰囲気です。 最後に手芸店で買ってきた革ひもをつけ、くるくると巻いて収納できるようにしました。普段から使っている筆箱が本革製のくるくる巻くタイプなので、そこからインスピレーションを得て作ってみた次第です。 簡単なので良かったら作ってみてください。毛糸の量に余裕があれば、アラン模様をつけても可愛いと思います。

  • 手作り,  食べ物

    いちごジャム

    おはようございます。昨日、久しぶりに大型バイクの後ろに乗れてご機嫌のおいもです。 上機嫌な気持ちを原動力に、いちごジャムを作りました。1箱1000円弱で売っていた加工用いちごです。 中くらいのボウルに入りきらないほどの量。真っ赤でかわいいいちごたちです。いちごに対して30%の砂糖と、レモン汁を小さじ1入れて1時間ほどコトコト煮込みました。 780gのいちごで、2.5瓶ほど出来上がりました。瓶はアヲハタ「まるごと果実」のもの。熟したいちごだったからなのか、濃い赤色になって嬉しいです。綺麗〜! アヲハタの瓶はジャムを作る人の定番ですよね。煮沸密閉すると、減圧するときに蓋から「ペコッ」と音がします。密閉できたかどうかが分かりやすくて良いです。 早速今朝の朝食でトーストに塗って食べました。ゴロゴロ果肉がおいしーい。春のお楽しみですね。

  • 手作り,  手芸

    四角のセーター

    こんばんは。今日はカレー粉から作るカレーに挑戦しているおいもです。この頃は三寒四温で、10度を超えるような暖かい日もあれば大雪の日もあります。まさに春に向かう途中と行った様子。 私はウエアを編みたくて編み物を始めたこともあり、ベストに挑戦してみました。毛糸ピエロさんの編み図「四角のセーター」です。 四角形を2枚編み、つなぎ合わせる簡単な作り方。初心者ゆえに袖や襟ぐりなどのパーツが少ないものを選びました。毛糸が極太糸なのでサクサク進みますよー。 編み図では「ソフトメリノ極太」を使用していますが、私は「ブリュム」のシトラスクリームを使用しました。黄色がかったナチュラルな色です。 7玉とほんの少しで編み上がりました。途中で緩くなってしまった部分があるので、もう少し慣れている方だと7玉におさまるかと思います。 原毛を使用しているようで、手触りもフカフカ感もナチュラル。鼻を近づけると生き物の匂いがします。獣臭という感じではなく繊維の匂いという感じ。私は嫌いじゃないです。 棒針は11~13号を推奨とのことで、12号で編みました。袖口のところだけ10号です。 四角形を上下対称に2枚編みます。メリヤス編みとガーター編みがほとんどなので、棒針の基礎練習にも良さそう。左側に来る模様編みも簡単で、ここまではあっという間でした。 大変だったのはここから。ウールは繊維の特徴と、棒針からかかる力の方向により丸まります。調べてみましたが丸まるのが普通なので安心してください。こんなにクルクルしちゃった。 本来ならば編み物用のまち針でアイロン台に固定していきます。私はまだなんの設備も持っていないので、家にあったカインズのマップピンを大きな段ボールに刺すという荒技に出ました。 四隅にピンを刺したら真ん中に、次はその真ん中に、という風にして等間隔に刺していきます。途中で気がついたのですが間隔は狭ければ狭いほど良いです。 それと、思いっきり伸ばして固定してOK。グイーンと広げましょう。本当は正しいサイズを書き写した型紙を敷くそうです。私のはワイルドすぎて参考になりませんね…。 丁寧にスチームアイロンを掛け、完全に乾くまでそのままにします。家にあったスーツ用のスチーム専用機を使用しました。ハンディタイプかつ、ハンガーに吊るした状態のスーツにスチームを噴射するタイプです。 スチームを近づけると「ジュワー」っとウールの香りが。毛糸玉になっている状態よりも濃く香るため、前述したウールの匂いはここで実感できると思います。 編み地が乾いたらピンを外しても形状が維持されます。編み上がりとの違いに驚愕。ピシッとしますよ! 綺麗に伸びた2枚の四角形をとじ合わせ、10号針で袖口を編んだら完成です。襟元の作り方が簡単な分くるんとしやすい。。整える方法を模索しています。 長袖のカットソーやシャツとコーディネート予定です。一度チェックシャツの上に着て外出してみたら暖かさにびっくりしました!ウール100%のこうかはばつぐんだ!肩がほかほかします。 私のように初めてウエアを作る方におすすめの編み図です! おまけ:かぎ針の練習を始めました。コットンの糸でバッグを作ります。のんびりペースで編んでいるのでいつ完成するかは不明ですけどね。

  • 手作り,  手芸

    ダイソーのエアブレンドで遊ぼう(タブレットカバー)

    こんにちは。とても良い天気でウキウキのおいもです。少し散歩をしてきました。 エアブレンドのブルーグリーンでタブレットカバーを作ろう 編み物の面白さにはまり、日々何かを編んでいます。ダイソーで見つけた段染め糸が大変可愛らしかったので、それを使ってタブレットカバーを作りました。タブレットはFireHD8です。 使ったのは「エアブレンド」ブルーグリーン。主にポリエステル、アクリル、ナイロンなどの化繊でできており、中央がリリアン調の白い糸、周囲はブルーグリーンの糸をモヘア調に毛羽立たせてある毛糸です。透明感のある色味で一目惚れしました。光にかざすととても綺麗ですよ。 ・エアブレンド ブルーグリーン1玉・ハマナカ 両かぎ針アミアミ 7.5号・アクリル毛糸並太 少々・古着から切り取ったハギレ 材料はこれだけです。化繊なのでとても軽く、その分巻長が長い!ポリエステルの良いところですね。 全て細編みで編みました。簡単!蓋の部分を編んでいるときにグラデーションが出現しました。ブルーグリーンの部分がとても綺麗です。 タブレットに幅を合わせながら編み進め、程よい長さになったら裏地を縫い付けます。このハギレはユニクロのハイネックカットソーだったものです。コットンなので毛羽立ちにくく、画面が綺麗にできまるかなと。ここで蓋の部分を二つ折りにして縫い付けました。 裏地を縫い付けたところで、アクリル毛糸の余っていた分を「マチ」にすることに。パープルのアクリル毛糸で細編みを「1段だけ」編みます。 同じパープルの毛糸で本体の側面にまつりつけつつ、サイズ感をチェック。 二つ折りに固定しておいた蓋も一緒に縫い付けます。思いつきでやりましたが、(アクリル)並太毛糸の細編み一段はマチに丁度良いです。クラッチバッグにも応用できそう。 あっという間に完成しました!蓋の部分は帽子のように被さっており、タブレットを出し入れする時にズボッと脱がせる形です。蓋を反対向きに折り返しても可愛いよ。 裏面です。裏面中央が一番グリーン寄りの色になりました。蓋をこちら側に折り返すと、グリーンの部分が蓋と同化しておしゃれ。 極太の糸ということもあり一本取りで編みましたが、結構ふにゃふにゃしています。私は家で使うので問題ありませんが、頻繁に持ち運ぶのであれば二本取りで編んだ方が良さそう。このサイズで一玉も使っていないので、二本取りで編んでも二玉もあれば足りそうです。 もしくは、他のアクリル毛糸と一緒に引き揃えて編めば強度が出そうです。ブルーがチラチラ見え隠れする感じのデザインになりそう。 ブルーグリーンは残り3玉。何を作ろうかなー。 エアブレンドのレインボーをひたすら編んでみた レインボーがね、これがね、本当に可愛いんですよ。外側に見えている色はブルーですが、ロングピッチで虹色になっています。店頭で1玉しか残っていなかった…。 本当にレインボーなのかを確認したくなり、ひたすらメリヤス編みをしてみました。棒針12号です。 レインボーを大体一玉編んだサイズ感です。大体と書いたのは、メリヤス編みを始める前にグラニースクエアを一つ編んだから。画面下から編んだので本来なら黄色の部分がもう少しだけあります。 可愛い!!ゆめかわです。何度も言いますが透明感が素敵なので光が当たるところに置くのがおすすめ。 家にある複合機に丁度良さそうな大きさになったので、複合機のカバーにしようかと思っています。来年も似たような糸が販売されることを祈りつつ、ブルーグリーンを大切に使うつもりです。