温泉

  • おでかけ,  温泉

    電車で行ける温泉:湯田中駅前温泉「楓の湯」

    おはようございます。ここ数日は4月下旬の陽気でしたね。陽気に誘われて温泉に行ってきました。 「楓の湯」は長野電鉄湯田中駅のすぐ前にあります。すぐ前というかほぼ敷地内です。終点なので線路の端を見ることができます。 画像の向こう側がホーム、手前側が温泉。画像左下の白い配管は温泉が流れています。線路の融雪に使っているのでしょうか。朝晩は駅から湯気が立ち上っているかもしれませんね。 湯加減はやや熱めですが、「あっつ!」となるほどではありません。小さめの内湯と中くらいの露天風呂が一つずつあります。脱衣所のロッカーは30個、浴室内の洗い場は5つくらいでした。脱衣所にはドライヤー2台と洗面台3つ、貴重品ロッカーもありました。 硫黄泉かな、褐色のお湯で割とライトな入り心地です。 私が行った時はタイミングが良かったようです。露天風呂も内湯も貸切状態で楽しめました。駅の(元)ホームにある温泉なので、電車が発車する音も楽しめる面白い駅です。やや熱めの湯加減も電車の待ち時間に入浴するには丁度いいのではないでしょうか。 電車で行ける温泉として大変おすすめです。 「駅の元ホーム」というのは、現在のホームは線路を隔てて反対側なのですが、以前は楓の湯がある側が駅舎だったからです。楓の湯の隣にある旧駅舎「楓の館」は有形文化財として保存されています。 昭和初期に建てられたおしゃれな建物。ちなみに画像右のベンチはスワロースキーのスキー板でできています。 白を基調にした木造で、ガラス張りの窓がノスタルジックです。建物の中は付近の温泉情報や駅の歴史が紹介されています。 現在は(2021年2月下旬)雛飾りが展示されています。いいちこのCMに使えそうな郷愁漂う絵面。とても絵になる建物です。 楓の館の手前には足湯も設置されています。温泉に入る時間がない方は足湯に入って電車を待つのがおすすめ。現在の駅舎も景観を損なわないレトロな建物で素敵ですよ。 湯田中には初めて行ったのですが、旅館も多くお店もたくさんあるので探検しがいのある温泉街です。これから開拓しようと思います。

  • おでかけ,  温泉

    いいやま湯滝温泉

    おはようございます。皆様におかれましては、三連休をいかがお過ごしでしょうか。異様な暖かさが過ぎ去り、私は元気に戻りました。寒いの大好き。 三連休中の話ではないのですが、いいやま湯滝温泉に行きました。千曲川のほとりにある温泉です。 いいやま湯滝温泉の特徴は「お風呂への入り口と脱衣所が二箇所ある」こと。内湯側と露天風呂側の両方に脱衣所が設置されています。お風呂同士は繋がっているのでご安心を。 洗い場が少ない露天風呂側の脱衣所は空いている感じなので、穴場かもしれません。 いいやま湯滝温泉は褐色のアルカリ性単純温泉。内湯は丁度良い温度、外気が寒い露天風呂は熱めに設定されています。私は長湯できない体質なので、寒ーい露天風呂が大好きです。暑くなって来たら出て、体が冷めたらまた湯に浸かって、というのを繰り返せるからです。 露天風呂はガラガラだったので、ほとんど貸切で楽しみました。 ゆったりとお湯を楽しんだら、お風呂上がりのコーヒー牛乳タイム。これまた大好きな八ヶ岳乳業の牛乳でした。食堂からは千曲川の美しい流れがバッチリ眺められますよ。 デザインが気に入ったので飯山ステッカーも衝動買い。飯山市内で使えるプレミアム付き商品券が使えるので、豪快に3枚セットを書いました。カブの箱に貼ろうと思います。 飯山市の由来は「ご飯のお椀をひっくり返したような形の山」だそうです。美味しいお米がとれる地域なので、市の由来もステッカーのデザインもぴったりですね。 いい湯だったのでまた行きます。

  • おでかけ,  温泉

    まだらおの湯

    おはようございます。先週は謎のだるさに見舞われ、ゆっくりしていたおいもです。湯治も兼ねて温泉に行ってきました。 中野市にある日帰り温泉「まだらおの湯」です。内湯と外湯の2種類の浴槽があり、もちろん源泉掛け流し。斑尾高原リゾートエリアからは少し外れているので要注意です。入湯料450円と手軽で、17時以降は250円とさらに安くなります。 温泉っぽいガチャガチャが設置されていたので、ついうっかり回してしまいました。草津の湯のポーチです。何を入れましょうね。 コロナウイルス流行の関係でしばらく温泉に行くのをやめていたので、久しぶりの温泉でした。なんと、露天風呂が貸し切り状態で密にならずにゆっくりと浸かることができました。13時ごろという昼時に行ったからかもしれません。とにかく最高にリフレッシュ。 お風呂上がりは自販機で売っていた「小布施牛乳」。今時では珍しい紙蓋でした。物販スペースや食堂も入っており、日常使いに良さそうな温泉です。 ここで耳より情報。入湯料とビールをセットで支払うと250円の割引があるそうです。特に17時以降は入湯料+ビール1杯で500円とのこと。素晴らしい価格ですねぇ。

  • おでかけ,  温泉

    馬曲温泉ー望郷の湯

    こんばんは。クリスマスイブということを忘れるくらい日本らしい旅をしているおいもです。 遠出をする時は民泊が好きなのですが、同様に近隣の温泉に入りに行くのも大好きです。今夜訪れたのはこちら、馬曲温泉(まぐせおんせん)。 飯山市の市街地から車で少し山を登った所にあり、割と行きやすい位置です。私は日本の四季において「雪景色を見ながら露天風呂に入る」行為が一番好きです。 残念ながら道路上はほとんど積もっていませんでしたが、庭には雪が残っていました。 この温泉は内湯と露天風呂が分かれているのが特徴です。受付のすぐ先が食堂、その奥が内湯。タオル類は販売で、リンスインシャンプーとボディーソープは備え付けです。 「内湯と露天風呂が分かれている」というのは、露天風呂が受付+内湯の建物とは別の建物なんです。内湯で体を洗って十分に温まったのち、一度服を来て露天風呂の方向へ外を歩いて行きます。その関係なのか、内湯の温度はやや高めでポカポカになれました。 こんな感じの雪の歩道を歩き、露天風呂用の脱衣所で再度入浴準備をしたらへいOK。 全裸で湯船まで寒冷チャレンジ。なんと!露天風呂には誰もおらず、貸切雪見風呂になりした。素晴らしい! ほら、寒いから内湯の方が行く人が多いんでしょうけど(洗い場も内湯にしかない)、初めて行った温泉で露天風呂に入らないなんてもったいないですよね。 せっかく露天風呂があるなら入ってみたいじゃないですか、雪国ですし!寒い中の温泉が最高に好きです。日没後に行ったので街の様子はあまり見えませんでしたが、山の稜線とお風呂の周りの雪が素晴らしくエモーショナルでした。 露天風呂を堪能した後は、上下ともヒートテック、厚手の靴下を装着したのは言うまでもありません笑 ちなみに:料金は大人一人500円(JAF加入であれば本人のみ100円引き)で内湯と露天風呂の両方に入れます。優しい。