長野県飯山市に移住しました

ブログ運営

愛知県名古屋市から長野県飯山市へ

こんにちは。約3ヶ月ぶりの更新です。この間にお引越しをしました。
3月の中旬からなのでまだ荷解きもそこそこに、という状態です。
社会人になってからは名古屋市で事務系の仕事をしていたのですが、この度、体に合う新天地を求めて移住いたしました。(もちろん名古屋市も愛していますよ。)

「移住」というカテゴリを作ったので、引っ越してからの発見や日々の生活を赤裸々に綴ります。

飯山市はどんなところ?

飯山市は長野県の北東に位置し、新潟県との県境にあります。かの有名な野沢温泉村のお隣。
市全域が「特別豪雪地帯」に指定される雪深い山里です。冬季はかまくらが常設されるほど雪がたっぷり降る地域なんです。

そのためスキー場やスキージャンプの練習台があり、冬がオンシーズンの地域。都内から新幹線で移動できることもあり、外国人の方もよく見かけます。スノーモービルが500円で乗れたり、それはもう、雪遊びをやり放題です。


余談ですが、飯山のかまくらは機械で雪をふっ飛ばし、ショベルカーで押し固めて作ります。作っているところを見たのですが、マッスルの要るお仕事だった。。

2020年2月、かまくら祭りに行った時の様子

移住した理由は、第一に「暑さが苦手」だからです。
私は九州出身なのですが、地元でも東海地方でも夏に毎日体調が悪くなり非常に辛かったです。暑いのが苦手だから「思い切り寒いところに行ったろ」という単純な理由。

ここなら夏も快適なはず!

また、飯山市に移住する決定打になったのが美しい風景です。冬はもとより、四季がはっきりしており、「日本の原風景」そのもの。

自宅からの眺め

千曲川沿いに町が形成されており、雪化粧した険しい山々をバックに見る田畑や河川は絶景です。今後はカメラを持ち歩き、飯山市の風景写真を撮りまくるつもりです!


特に例年5月に開催される「菜の花まつり」は、一面の菜の花と桜を一緒に眺めることができます。(暖冬のため今年は4月の予定でしたが、コロナウイルス流行の影響で中止になってしまいました。。)夜は野外ステージで音楽祭が開かれるそうで、今から来年のお祭りが楽しみです。

移住定住を積極的にPRしている

飯山市は移住者支援を積極的に行っています。
専用のWebサイトもあり、都内では毎月移住相談会を開催しているほど。私が問い合わせた際には、なんと市役所の方が名古屋まで来てくれました。正直なところ、銀座も飯山も遠かったので助かりました。
移住者支援サイトはこちら

各種助成金などがあり、農業が盛んなため特に就農支援が手厚いです。農業を学ぶためのプログラムと家賃の安い専用の宿舎も用意されています。

様々な取り組みがあるため、メリット・デメリットを含めて移住者支援に関しては今後も紹介していきます。

いやー、久しぶりに書くと止まらなくなりますね。これから始まるスローライフの様子を乞うご期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました