白長二十日大根の間引き

家庭菜園

おはようございます。ここ数日は、秋らしい過ごしやすい天候でご機嫌がとまらないおいもです。

8/30に白長二十日大根のタネを蒔きました。

二十日大根というと赤くて丸いラディッシュが有名ですが、こちらは普通の大根のミニチュア版のような「アイシクル」という品種です。味噌汁一回あたり一本を使えるかなと思い、長い方にしました。

畝ひとつ分にすじまきをして2週間後、みっちりと生えておりました。株間が5cm程度になるよう間引きをします。

緑色の帯のように密に生えていたのが

各株1本ずつにして、間隔を空けてあげました。葉っぱ同士で支え合って育っていたため、間引きをするとへにゃっと倒れてしまった株もあります。そのうち太く育ち立ち上がってくれるでしょう。

このあとは、根が大根として太くなるのを待つだけ。
二十日大根は初心者向けのようなので、家庭菜園が初めての方やプランターで何か育てたい方におすすめです。

調べてみると、二十日大根の間引き菜は食べられるそうです。今夜サラダかなにかにして食べてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました