ロルバーン 2021ダイアリー

日常

おはようございます。集中力が続かないので現実逃避にこの記事を書いています。

少し前に2021年のスケジュール帳を書いました。方眼ノートで有名なロルバーンのもの。1200~1300円でした。

力の抜けた牛さんイラストが好みで一目惚れしました。来年の干支は牛。緩い感じが癒されます。

左開きで前の方に年間ダイアリーとマンスリーページがあります。万年筆はプラチナのセンチュリーを愛用しており、「細字」で書き込んだところ。さすがは信頼のロルバーンですね。全く滲まず綺麗です。

なぜこのダイアリーを選んだかと言うと、「万年筆で書いても裏移りしない、滲まない」「スケジュールページ以外はほとんどメモ帳」からです。

万年筆を普段使いするので必然的に上質な紙のノートばかり買うのですが、これは裏移りしません。書いている途中に滲むことも皆無。現在使っているインクはプラチナのカートリッジで、ブルーブラックです(プラチナのブルーブラックはブルー寄り)。

また、方眼メモが好きな理由は「なんでもノート」にしやすいからです。文字が大きめなのと思いついたことをとにかくメモする習性があるため、罫線よりも方眼のほうが好き。ロルバーンのダイアリーは後ろ2/3くらいが方眼メモになっています。

つまり大体がメモ帳なんですよね。

スケジュール帳を放置しがちなズボラな私でも使い切れそう。メモ帳は何年かけて使ってもいいので、手帳を使うのが三日坊主になりがちな人におすすめです。

巻末の方にクリアポケットがいくつかあるのも便利なポイント。領収書やお守りなどを入れています。

そろそろ2020年も終わりに近づきました。終わり良ければ全て良し。皆様にハッピーな年末が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました