ペルセウス座流星群:星降る夜に

日常

こんにちは。今日は進捗の良いおいもです。

昨夜はペルセウス座流星群の極大でした。自宅車庫の上で椅子に座って観測したところ、1時間30分ほどの時間で15個の流れ星を目視することができました!短時間でこんなにたくさん見たのは初めてです。
さすがは三大流星群ですね。今年は当たり年なのかな。

自宅から見た星空。昨夜は晴れており、天の川も見えました。写真やや左上から中央下にかけて、薄っすらと赤っぽくなっている部分があるのが分かりますか?
飯山市の星空はとても綺麗です。美しい星空は、移住先の決定要因にもなりました。

夫が3カメ体勢で自動撮影し続けていたところ、なんと!流れ星の撮影に成功しました。
写真の右上にシュッと入っている部分です。流星は様々な角度から降ってくるので撮影できるかどうかは運次第だった訳ですが、さすがはおいもさん。天気の才能を持っています。

実は、この前日にも夫は1人で撮影に出かけていたのですが、「2日分足してもおいもの方がたくさん流星を見ている」と羨ましそうにしていました。毎度毎度、私がいるのといないのとでは、天気の状態が違うようです。これは生まれつきなのですが、お天道様が味方をしてくれます。曇りの地方が多い中、バッチリ流れ星を見る事ができました。

こちらは夫が作ってくれた合成写真です。大量に撮影した写真を重ね合わせたもので、時間経過とともに星が動いて見えるのが分かりますね。私もカメラを持っているので、星空撮影の仕方と合成の仕方を教えてもらおうと思っては、目視するのに忙しくて未だ覚えられず…。

私が星見をすると、とにかく空のコンディションが良くなって早く見たくなってしまうので、星が見えない日に教わった方がかえって良いかもしれませんね。

このご時世に、自宅でゆったりと星を眺める事ができる幸せに感謝をしつつ、これからもお天道様とは仲良しでいようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました