ホーム » 日常 » バイク » バイクで志賀高原まで行きました
a

バイクで志賀高原まで行きました

おでかけ

こんばんは。出かけたり色々と仕込んだりしており、久しぶりの更新です。
先月の話なのですが、カブで志賀高原まで行きました!

SNSで「志賀高原のクラフトビールが美味しい」ということを聞き、あれ?行ける距離では?と気がついたわたし。グーグルマップを頼りにトコトコお買い物ツーリングへ出発しました。

写真に写っているのは、飯山市と中野市の境目あたりにある赤い橋。車での移動の際には橋の上を走っていたので上から見るのは初めてでした。上から見るほうが眺めが良いですよ!この時はアクションカムかドローンがほしいと思ってしまいました。

ヘルメットに取り付けるインカムも、カーナビも持っていないので、時折停車してグーグルマップを確認してゆっくり進むことに。

たかやしろ・見晴らし街道なる美しい果樹園をひた走ります。ご覧のように、りんごの木には赤くなってきた果実が実り、さながら自然のエクステリア。

反対側を振り向けば、たわわに実る一面のぶどう畑が見渡せます。飯山市内よりも標高が高く、上から下まで広大なぶどう棚を楽しめるビュースポット。天気もよく気持ちが良い道中でした!

気温6度の中走ること二十数km。清酒「縁喜(えんぎ)」の蔵元である玉村本店に到着しました。飯山よりも寒いことを忘れていて、到着したら凍えた…。

今回はビールが目的なので、クラフトビールのコーナーを眺めると…種類が多い!限定の味だけでも10種類以上あります。せっかく本店に来たので、限定のビールの中から選ぶことにして、しばしウロウロと考えんでおりました。

こちらは施設名を「ギャラリー玉村本店」といい、2階部分が美術館のようになっています。2回で作品を眺めながらどれを買うかどうか決めることにしたのです。

歴史ある建物と美術品を楽しみつつ、選んだビールがこちら。

  • ゆるブルWheat
  • SHIGA KOGEN HELLES!?
  • KASUMI
  • HARVEST BREW
  • Fresh Hop

一部のビールは今年収穫したばかりのホップを使用したもの。夏の終りから秋にかけては、フレッシュホップのビールが売っている時期だということを聞いてすぐに向かった次第です。

KASUMIとFresh Hopを飲みました。どちらも軽やかで爽やか、フルーティー。わたしはお酒に限らず香りが良い飲み物が好きなため、ホップの香りがガツンと来る感じが好みでした。
ちなみに、日本酒の縁喜もいただいて飲んだことがあります。

道中がとても楽しく、瓶ビールをバイクで運搬することにも成功したので、ぜひまた買いに行きたいです。お店がある場所は渋温泉の温泉街。お買い物ついでに温泉にも入れちゃいます。

渋温泉と湯田中温泉の一帯では、旅館でも飲めるようです。長野観光の際には玉村本店おすすめですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました