【梅仕事2020】梅の甘露煮と梅ゼリー

手作り

こんにちは。7月も最後の一日となりました。長かった雨も落ち着き、今日は晴れています。いよいよ夏本番という風情です。ちなみに、我が家では夕方になると毎日ヒグラシが鳴いています。寒冷地って素敵。

梅シロップを作った後の梅の実を甘露煮に加工しました。エキスを抽出してからもなお絞り取るおいもです。

シワシワのしょぼしょぼなので、ひたひたのお湯で柔らかくなるまでじっくりコトコト煮ます。

じっくりー、じっくりー。どれくらい煮たでしょうか。少なくとも1時間半は煮た気がします。梅の皮をつついてみて柔らかくなったら、砂糖を加えてとろみがつくまで煮ます。

梅の実1kgで大きなタッパー1つ分になりました。

冷やしてからお茶請けとして食べました。
絶品!絶品です。止まらない美味しさ。
翌日以降はお茶請けに限らずパクパク食べてしまいました。来年からは毎年甘露煮にしようと思います。種を取らなくていい分ジャムよりも簡単で、何より美味しい。

私が甘露煮を食べ切ってしまう前にと、ゼリーも作成しました。

ガラス容器はコストコに売っているイタリア製ティラミスの空き容器。とてもちょうど良い

甘露煮を一粒ずつセットして、

長野県民おなじみのかんてんぱぱ

煮溶かした寒天に梅シロップを加えた物を投入します。梅は酸が強いので、火を止めたあとで梅シロップを入れましょうね。

涼しげな梅ゼリーです。今回の梅シロップは青梅で作ったため、爽やかでゼリーにぴったり。大変夏らしいスイーツになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました